美容師がおすすめするヘアケア

硬毛軟毛、くせ毛や乾燥、カラー毛など自分に合ったヘアケア、シャンプー、トリートメントをご紹介します。

美容師がおすすめするアウトバストリートメントの使い方!

calendar

ご覧いただきありがとうございます!

 

今日は良くお客様から質問を受ける、アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)の使い方についてお教えしたいと思います。

髪のベース剤として、ほとんどの女性が使われているアウトバストリートメントですが、使い方を知らないとせっかくの良い効果がでないですし、中にはべたつくのでもう使わない、なんて方もいらっしゃいますよね。

これを守れば絶対に失敗しない3つのポイントをまとめましたので、是非参考にしてみて下さい。

 

ポイント①:付けるタイミングは??

一番よく聞く質問ですので、疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。

髪に付けるタイミングは大きく二つ、お風呂上がりの濡れている状態か朝のスタイリング時の乾いているときか、があると思います。

正解は、濡れている時に使います!

と言いますか、濡れている時に使える商品を選んで、濡れている時に使ってください。

髪が乾いていると均一に付きにくく、ベタつきの原因になります。

必ず濡れている時に付けるタイプのものを選んでください。このタイプは逆に髪が乾いている時にも使えます

こちらでも紹介していますが、髪が濡れている時に使えるおすすめのアウトバストリートメントは、エルジューダモロッカンオイルです。この2つの商品は仕上がりのまとまりと軽さのバランスが抜群に良いです!

優しい香りが好きな方にはエルジューダを。

少し強めの香りが好きな方にはモロッカンオイルをおすすめしたいです。

≫ エルジューダMOを Amazon でチェックする!

≫エルジューダMOを 楽天 でチェックする!

 

≫モロッカンオイルを Amazon でチェックする!

≫モロッカンオイルを 楽天 でチェックする!

 

ポイント②:髪のどこにどれくらい付けるのか??

まず、髪のどこに付けるかですが、基本的にはダメージしている毛先から中間につけて下さい。髪の長さによりますが、セミロングの方で2プッシュ程度付けます。

濡れている状態ですのでなじみが良いのですが、均一につけるのと、より髪とトリートメント成分をなじませる目的で、5~6回以上は指を通して下さい。ここが結構大きなポイントになってきますよ。

これをしっかりすることで、髪がまとまるのに指通りがサラサラになるんです

 

ポイント③:翌朝のお手入れは??

これもよく聞かれるのですが、基本的にアウトバストリートメントはベースメイクですので、スタイリングがしやすい土台を作っていると考えて下さい。毎日使っているとだんだんと髪の状態が良くなってくるので、朝のお手入れは手くしを通すだけで十分になってきます。

コテを巻く場合には事前に再度アウトバストリートメントを付けて、熱から保護するなどの使い方もおすすめです。

 

この他のポイントや上級者向けの使い方などをコチラの記事に書いていますので、併せてご覧ください!

 

しっかりとアウトバストリートメントを使いこなすと、髪が良くなって朝のお手入れが楽になったり髪が整ってツヤが出てきたりと良いことだらけですので、是非上記ポイントを実践してみて下さい☆