美容師がおすすめするヘアケア

硬毛軟毛、くせ毛や乾燥、カラー毛など自分に合ったヘアケア、シャンプー、トリートメントをご紹介します。

美容師にとっては当たり前!ノンシリコンシャンプーって、実は。。

calendar

reload

ご覧いただきありがとうございます!

 

去年あたりにブレイクして、一つのジャンルを築いているノンシリコンシャンプーですが、

実際シリコンを使っているシャンプーはどれくらいあるのかという点と、

シャンプーにシリコンは使わないほうがいいのは本当なのか、という二点についてお話ししたいと思います。

 

まず、そもそもシリコンを使っているシャンプーはどれくらいあるのかということですが、

ドラッグストアなどで売られている市販品のものでは、ノンシリコンを謳っていない商品の多くに

シリコンが入っているのが現状です。

一方で美容室で売られている商品では、例えば私が「6つの悩みに対するヘアケア」で紹介している商品を見てみますと、

①ディーセス ノイドゥーエ ウィロー 

ノンシリコン

②ディーセス ノイドゥーエ ヴェロア

⇒シリコン配合

③ディーセス ノイドゥーエ シルキー

ノンシリコン

④フィエーリ

ノンシリコン

⑤プラーミア ヘアセラム

ノンシリコン

⑥クリアスパフォーム

ノンシリコン

ということで、②の硬毛でゴワつく方用のシャンプー以外はノンシリコンでした。

他のシャンプーを見ても、美容室で使われているほとんどの商品がノンシリコンです。今どき、余程の理由がないとシャンプーにシリコンは入れないのです。

美容室の商品は、値段が高いけれども効果が高い成分を使っています。そのためノンシリコンでも仕上がりが良いのです。

 

では次に、シャンプーにシリコンが入っていると本当に良くないのか、ということについてです。

シリコンは化粧品などにもよく使われているので、毛穴が詰まるとかそういうことにはなりません。

でも、感覚的には、シャンプーでキレイにしたいのにシリコンが頭皮に付くのは気持ちが悪いですよね。

その後のトリートメントにはほぼ全ての商品にシリコンが入っているのですが、それは頭皮に付けないから問題ありません

私が紹介しているシャンプーで唯一シリコンが入っていた商品は、硬毛でゴワつく髪を収めるためには、根元のゴワつきをいかに取るかが勝負で、そのためにシリコンが入っているのだと思います。

そういう点からも、場合によって、シリコンは髪を滑らかにして、指通りが良くなるので必要かなと思います。

 

結論として、

美容室で使っているシャンプーは基本ノンシリコンシャンプー!

ノンシリコンシャンプーでも効果の高い成分をふんだんに使っているから仕上がりがいいのです!

 

美容師にとってはノンシリコンシャンプーは当たり前なのですが、CMや雑誌の宣伝をみて、ほとんどのシャンプーにシリコンが入っている!とか、シリコンは悪者だ!とか思われている方が大勢いらっしゃるので、美容師はキチンと説明していかないといけないなと思います!